アメリカ情報

アメリカの祝日「メモリアルデー」とは?

Skyまどかです!

今日は、メモリアルデーウィーケンドと言うことで、アメリカの祝日「メモリアルデー」についてまとめていきたいと思います!

メモリアルデーとは?

メモリアルデーとは?

メモリアルデーは元々は、南北戦争における戦没者たちを追悼するためのイベントでした。

現在では、広い意味で「戦没将兵追悼記念日」となっていて、戦没者を慎むアメリカの祝日です。

今年はいつ?

2021年は5月31日(月)となっており、土日を引っ付けて旅行に行ってる人も多いみたいです。

きっかけは?

メモリアルデーは、南北戦争の北軍の戦没者のお墓を飾り付けすると言う習慣から生まれました。

この日はすべての戦没者を慎み、戦没者のお墓やメモリアルが美しく飾り付けされ、アメリカ各地でパレードなどのイベントが行われます。

何をする?

戦没者たちのお墓を飾るのはもちろん、多くのアメリカ人がピクニックやBBQ、バケーションに出掛けます。

昨年は、パンデミック真っ只中でしたが、今年は夏休みの始まりとして盛り上がりそうですね。

アメリカの祝日

アメリカでは、連邦で定められた祝日が10日しかありません。その中の2日がメモリアルデーとベテランズデーと言う、兵士や軍人の方を称える人なってます。

世界一の軍事力を持つアメリカの、軍人の方に対する敬意の念を感じますね。

まとめ

たくさんの人たちが旅行に行ったりしているからか、この三連休はいつもより人が少ない気がしています。

少しずつ状況も良くなってきていて嬉しい限りですね。