アメリカ情報

意外と穴場!?ラスベガスが住みやすい6つの理由

Skyまどかです!

皆さんはラスベガスってどんなイメージですか?

私は、カジノにプールパーティー、常に旅行者で賑わうギラッギラの街ってイメージでした。

正直「苦手」でした。

でも、ラスベガス在住のお友達ができて、私のラスベガスのイメージはほんの一部分だと知ります。

「ストリップ通り」と言う旅行者で賑わう通りを少し外れると、周りはほぼ住宅街。

そして、ラスベガス在住者はみんな口を揃えて「住みやすい!」と言うのです。

ということで、今日は「ラスベガスは住みやすい?」について書いていきたいと思います!

ラスベガスが住みやすい理由6つ

ラスベガスが住みやすい理由を、6つの項目に分けて分析してみました。

1.気候

砂漠地帯に人工的に作られた街・ラスベガス!!

気候はどんな感じでしょうか?

5月ごろから37度くらいに到達する日も出てきて、夏はとても暑いです。

ですが、日本のような蒸し蒸しとした暑さはなくカラッとしています。

雨がほぼ降らないのでそう言う意味では過ごしやすいですね!

一年中乾燥しているので、ボディークリームは欠かせないところがちょっと辛いw

以下、参考までに。

(photo:@http://lv-sugoshikata.com)

2.家賃

ここが一番気になるところじゃないでしょうか?

なんだかんだ家賃が生活費のほとんどを占めますもんね。

家賃を聞いたときは、ビックリすぎて眼光が開ききったままにw

LAと比べると衝撃の安さなんです。

例えば友達がラスベガスで住んでるお家、3LDKで$1400!!!

LAだとその金額じゃワンルームも借りれないですね(涙)

魅力的すぎる、、、

3.自然

カジノのイメージが強いですが、少しドライブすると実は自然を満喫できるスポットがたくさんあります。

世界遺産のグランドキャニオン国立公園や写真スポットとして人気のアンテロープキャニオン、モニュメントバレーを始め、「死の谷」デスバレーやブライスキャニオン、ザイオン国立公園などアメリカを代表する様々な国立公園などが日帰りドライブでも楽しめます。

近いと言っても最低でも2-3時間ドライブではありますが、ラスベガスから中心としてたくさん周りにあることは間違い無いです!

写真は、ラスベガスから出発してヘリから見たグランドキャニオン。圧巻!!

4.ローカル特典

現地に住んでると様々なローカル特典があります。

例えば、有名なクラブだと入場料無料がほとんど。

ホテルの中にある水族館やレストラン、ショーやホテルの客室利用料金など、様々なところで割引がもらえます。

ベラージオに訪れた際、本来なら駐車料金がかかったところ、友達がローカルだったので無料になりました!

これは地味に嬉しい特典♡

5.アウトレット

中心街から30分以内のところにアウトレットが3つもあります。

一番大きなアウトレットは、Las Vegas North Premium Outlets

洋服やかばん、靴などを常に安く変えるので節約できますね!

6.生活費

生活費はLAの半分だと言われています。

先ほど紹介したように家賃差が一番大きいですが、それだけじゃなく基本物価が安いので、レストランやガソリンなど、全てが割安になっています。

LAほど日本人が多くはないので、日本食材は種類がなく少し高めのようです。

そして、これは私個人の意見ですが、レストランのクオリティーが高い!!

安くて美味しいレストランがたくさんあります!!羨ましい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたが持ってるラスベガスのイメージは変わりましたか?

留学費を抑えたい方にとっても、実は穴場なラスベガス!!

アメリカ移住の候補に入れてみてもいいかもしれません♡