LA生活

ロサンゼルス治安の悪い場所や気をつけること

Skyまどかです!

世界一治安の良い日本にいると、アメリカの犯罪率や銃社会のニュースの影響からか、治安に関して不安を持ってる方は多いと思います。

私の経験から言うと、危ない地域や気をつけるべきことをしっかり把握していれば、そんなに危ないことはないです。

今日はその辺をシェアできればと思います。

ロサンゼルス内危険なエリア

特に気を付けていただきたいエリアは3箇所あります。

1.コンプトン

ギャングが多い犯罪地区として有名な地域です。

ドラッグや銃を持ってる人も多く危険です。

LAX空港から車で15分ほど、ロングビーチの近くにあります。

2.イングルウッド

サウスロサンゼルス地域もギャングが多く、犯罪率もコンプトンに並びます。

日系レストランが多いトーランスに近いので、間違って迷い込まないように気を付けましょう。

LAX空港から車で約10分の場所。

3.スキッドロウ

ダウンタウン・リトルトーキョー近くにあるこのエリアは多くのホームレス、ドラッグ中毒者がいます。

リトルトーキョーのすぐ横で間違えて迷い込む人も多いみたいです。

テントがたくさん張ってあって危険な地域だとわかるので、すぐにその場から離れましょう。

トラブルに巻き込まれないために

どんな場所にいたとしても、誤ってそういう地域に足を踏み入れてしまうこともあります。

その際の見極め方や気をつけることを書いていきたいと思います。

危険な場所の見極め方

気がついたら危険な場所に足を踏み入れてしまうこともあります。

その際の見極め方を知っておいてください。

  • ゴミがたくさん落ちている
  • 古い車や汚い車が多い
  • なんとなく雰囲気が暗い
  • ホームレスの方が多い
  • 窓に鉄格子がついている

気を付けること5つ

海外生活をする上で、特に気をつけてほしいことをシェアしていきますね。

  • 夜は一人で歩かない
  • 大金を持ち歩かない
  • 銀行のATMから出金・入金する際は周りに警戒する
  • カバンのチャックは閉める
  • ここは日本ではないことを常に意識する

まとめ

自分の身は自分で守る意識や、危険察知能力は大事です。

危ない地域や、サインをしっかり把握して、事件や事故に巻き込まれないように危険回避能力をつけていきましょう。

アメリカの治安を不安に思ってる方の参考になれば嬉しいです。