留学/英語

日本人が間違えやすい和製英語10選

こんにちは!Skyまどかです!

ずっと英語だと思って使ってたものが全然英語で伝わらなかった!みたいな経験ありませんか?カタカナでも全く伝わらないものもあって、知った時ビックリ。

今日は日本人が間違いやすい和製英語についてピックアップしてみました!

日本人が間違えやすい和製英語10選

間違えやすい代表的なものをご紹介していきます

1.ノートパソコン

ノートパソコンはLaptop(ラップトップ)です。

ちなみにデスクトップは、desttopで同じです。

そこは同じなんかいw

2.ホッチキス

ホッチキスはStaplar(ステイプラー)です。

豆知識

当時、アメリカから初めて輸入したモデルがホッチキスNo.1という名前だったんですって!だから日本ではホッチキスで定着したんですね。

3.ガソリンスタンド

ガソリンスタンドはGus station(ガスステーション)です。

ガソリンのことはガスといいます。

ちなみにアクセルもガスということもあります。

4. トイレ

トイレは、アメリカでは、Bathroom(バスルーム)かRestroom(レストルーム)です。

イギリスではトイレットで大丈夫みたいです!

5.アルバイト

アルバイトはPart time job(パートタイムジョブ)です。

6.ナイーブ

日本語の持つナイーブは、英語ではSensitive(センシティブ)といいます。

ナイーブは「世間知らず」というようなネガティブな意味に使われるので注意が必要。

7.リフォーム

リフォームはRenovation(リノベーション)です。

8.クーラー

ACまたは、Air conditioner(エアーコンディショナー)です。

9.ポテトフライ

French friesです。ポテトはじゃがいもなので全く違う意味になります。

10.メリット/デメリット

Pros and consです。メリットデメリットは全くの和製英語です。

まとめ

以上、日本人が間違えやすい和製英語についてまとめてみました!

本当にややこしいのですが、少しずつ覚えていきましょう!