国際恋愛

【体験談】国際恋愛あるある!カルチャーショックを受けたこと5選!!

Skyまどかです!

国際恋愛と一言で言っても、どこの国の方か、日本に馴染みがあるかないかによっても全然変わってきます。もちろん平均的にこうっていうのはあっても、日本人にもいろんな人がいるように国ごとにも個人差がありますよね。

今日は私が経験した国際恋愛においてのカルチャーショックについてご紹介していきたいと思います!

国際恋愛カルチャーショック

それではさっそくご紹介していきますね!

1.手ぶらで出勤、手ぶらで帰宅

これは仕事内容にもよると思うんですが、私の彼は毎日手ぶらで出勤です。これには当初めちゃくちゃビックリしました。「え?何も持っていかないの?」って聞いたのを覚えています。日本でどの業種でも手ぶらで仕事行く人っていないですよね?

良く考えたら彼は家に仕事を持ち帰ってくること自体、今まで一切ないので、仕事道具は全部会社に置いてるわけですよね。仕事は仕事、プライベートはプライベートってガッツリ分けてるところも私には新鮮でした。

2.外でのスキンシップ

人前でもキスしたり、腰に手を回したりするのが当たり前な感じ。私の彼はベタベタしてくるタイプではないですが、友達の前でもキスしたりするのは普通。そして私は好き。エスコートしてくれるのも◎

3.肩に毛

日本人(アジア人?)って基本体毛薄いですよね?しかも女性も体毛濃い人に慣れてないからか、無理な人多い気がする。私の母と姉も無理派らしいですww

こっちでは体毛はセクシーらしい。胸毛とか当たり前だし、みんなむしろちょっと胸元開けて見せてる。

私の彼も例に漏れず毛濃いんですが、彼の場合、肩にも毛生えてます。そして月に1回くらい彼の肩の毛をワックスしてあげてます。私毛深いの全然OKなんだけど、さすがに肩に毛ってどゆことって思いません?ww

4.朝ごはんに日本食は無理

まさかのコメント「朝に塩辛いのは無理。」お味噌汁も飲んでくれません。

聞いた話によると、朝ごはんはソルティー派かスウィート派かに分かれるらしいです。彼は完全にスウィート派。そして私はどっちでもいける派ですw

朝はみんな日本食がいいって常識だと思ってたけど、世界基準じゃ全くなかったときの衝撃wwww

5.鍋をお代わりしない

鍋ってみんなのアイドルじゃないの?という衝撃。

寒い日の鍋はみんな好きだと思い込んでて、彼も最初は慣れてないだけ、きっと好きになってくれると思ってたけど、一向に気配なし。別に嫌いなわけじゃないけど、鍋に対しての情熱は全くなくて寂しい。「今日鍋だよー!」「いえーい!」みたいなやりとりは皆無です。

鍋好きじゃない人が存在する衝撃。日本にいたときはそんな世界があるなんて思いもしなかった…..(涙)

まとめ

以上、私のカルチャーショック体験談でした。こういうのも全て国際恋愛の醍醐味だったりするんですよね〜!日本人はこうなんだよ〜とか、こういう考え方する人多いよ〜とかって伝えるのも楽しかったりします!!!

自分の世界が広がる瞬間って本当に楽しいんですよね♡国際恋愛したい方への参考になると嬉しいです^^