留学/英語

日本との違いに騒然!アメリカ生活に必要な3つのマインドとは??

Skyまどかです!

この4月でロサンゼルス在住、丸3年になりました。いよいよ4年目に突入します。

と言うことで今日は、私が感じた海外で生活していくために必要なマインドについてシェアしていきたいと思います!お役に立てると嬉しいです!

海外生活に大切な3つのマインド

色々ありますが、私が思う大切なマインドを3つにまとめたので紹介していきます。

  1. 自己防衛力
  2. 健康管理
  3. 自己責任

1つずつ説明していきますね!

1. 自己防衛力

世界一安全な国の1つだと言われている日本と、銃社会のアメリカ。同じ感覚で生きてはいけません!!

例えば、一人でボーッとしながら、音楽を聴きながら、携帯を触りながら歩いている。日本ならそこら中にいますが、それは日本だからです。

ブラジルやメキシコからきた私の友達は、私が携帯を触りながら横断歩道歩いたりしてるのを見てビックリしてました。彼女たちの母国はもっと危険なので、常に周りを警戒しながら自分を守れるようにいる癖がついています。

アメリカは日本とは違います。場所によって危ないところ、安全なところとありますが、地理関係がよくわかるようになるまでは特に、いつ何があっても自分を守れるように自己防衛力はあげておきましょう。

2. 健康管理

アメリカは救急車を呼ぶのにもお金がかかります。留学生は保険に入っているとは思いますが、期限切れになってる人も多いので要注意です。保険がないと何かあったときに病院に行けないので大変です。

私の友達で重度の熱中症になった子がいて、でもその子は保険が切れてしまってたので病院に行かず自力で治してましたが、かなり辛そうでした。一週間が経ってもまだ頭痛だったり吐き気があるって言ってたので、何かあったときのために保険は本当に大事だよなぁと感じました。

保険にしっかり入っておきながら、健康管理を自分でするのは当たり前の国です。薬局でいろんなお薬を買えるし、サプリもすごく豊富です。健康で過ごすためにエクササイズをされてる方も多いですね。

3. 自己責任

アメリカは自由の国。そして自己責任の国でもあります。

自分から聞かないと学校も色んな情報を教えてくれませんし、何か起こっても誰も責任を取ってくれません。わからないことは聞く。勝手に判断しない。日本にいたときみたいに何かあるごとに先生が教えてくれたり、親がサポートしてくれる環境ではありません。今までのべた自己防衛も健康管理も全て自己責任がベースになっています。

全ての自分の選択に責任を持ちましょう。

 

まとめ

アメリカは自立した人が多いですし、色んなカルチャーショックがあるかもしれません。

私もアメリカに来て、日本はなんて守られた国なんだろう!と気付きました。アメリカに住んでると、本当にサバイバル状態。もれなくめちゃくちゃ強くなりますww

色んなトラブルも全部経験に変えて楽しんじゃうメンタルで乗り越えましょう!